事故写真
病院の選択を間違えるな!
病院の重要性について

間違った病院選択をした場合、
交通事故で後遺障害が残っても
後遺障害の診断書を拒否する医師が多いからです。
また診断書を書いていただけても
見当違いな内容では、後遺障害の認定がされません。
なぜなら、ドクターは治療の専門家であり、
後遺障害の申請には詳しくないからです。
ですから、私たちが交通事故にあわれた方の
負傷した部位や症状に合った病院を紹介し、
病院へも同行します。
また専門医師も、ご紹介します!!

保険会社について

悩んでいませんか?

最近、交通事故にあわれた方の
治療が終了していないにもかかわらず、
保険会社による強引な
治療の打ち切りが多発しています。
ですが、このような保険会社の嫌がらせにも
対応します。
私たちは医療の知識に詳しく、
また保険会社の動きや、対応の仕方など
過去の豊富な経験や情報をもとに、
あなたを強力にバックアップします!!

後遺障害を立証する専門家です後遺障害


上へ戻る

お問合せ

お問い合わせ

メール

上へ戻る

業務日誌

過去の業務日誌はこちら⇒◆2012年2月 ◆2012年3月 ◆2012年4月 ◆2012年5月 ◆2012年6月 ◆2012年7月 ◆2012年8月 ◆2012年9月 ◆2012年10月 ◆2012年11月 ◆2012年12月 ◆2013年1月 ◆2013年2月 ◆2013年3月 ◆2013年4月 ◆2013年5月 ◆2013年6月 ◆2013年7月 ◆2013年8月 ◆2013年9月 ◆2013年10月 ◆2013年11月 ◆2013年12月 ◆2014年1月 ◆2014年2月

2014年2月7日(金)『早朝より、姫路へ病院同行。』

病院同行1件目は、JR姫路駅・山陽姫路駅で下車の○○○整形外科でした。
実は、この○○○整形外科には現在までに十数回訪れており、医師と良好な関係を築いています。
ですから、後遺症の立証に困った際は協力して頂ける環境が既に揃っています!
早々に1件目を終え、2件目の病院同行へ。
しかし、次の予定まで2時間ほど時間があり、少し散策する事にしました。

現在、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の舞台がここ姫路です。
この黒田官兵衛(岡田准一)とは、織田信長や豊臣秀吉を裏で支え、秀吉の天下取りを演出した天才軍師。武力ではなく智力を駆使し、生涯一度も合戦で負け知らず。乱世を終わらせるために突如現れた稀代の天才軍師の鮮烈な生涯を描いています。
そして、姫路城も見学しようと思いましたが、大天守保存修理工事中でした。

散策後、山陽電車で飾磨駅へ移動。○○病院で依頼者と会い病院同行へ。

この○○病院、救急外来がある為か重症な患者が多く入院されているようでした。
整形外科の医師は好意的で、後遺症に必要な検査をこちらの依頼通り実施して頂けました。
被害者の立場にたった検査は、なかなか受け入れて貰えないのが現実です。
しかし、キッチリした仕事をして頂けました。
○○医師にも、大変感謝です。

姫路にお住まいで病院や医師にお困りの方、ご紹介致します!「早期」に、ご連絡下さい。

さて、明日から相談会が続きます。気合を入れて頑張ります!!
全国対応OKです!遠慮なく、御相談・御依頼下さい。

① 大阪交通事故・後遺障害無料相談会 (平成26年2月8日) 開催
 (茨木市・高槻市・箕面市・吹田市・枚方市・寝屋川市・守口市)

② 福岡交通事故・後遺障害無料相談会 (平成26年2月9日) 開催
 (春日市・博多区・志免町・南区・城南町・貝塚・吉塚・薬院・中洲川端・天神)

次回の「連携弁護士と交通事故110番共同開催の交通事故相談会(無料)」
① 芦屋・西宮・尼崎交通事故・後遺障害無料相談会 (平成26年2月11日)開催
 兵庫県(芦屋市・尼崎市・神戸・姫路・伊丹市・宝塚市・西宮市・明石市)

② 東大阪交通事故・後遺障害無料相談会 (平成26年2月22日) 開催
 (中央区・浪速区・阿倍野区・北区・都島区・西区・港区・大正区・住之江区・住吉区・ 東  住吉区・西成区・東成区・旭区・福島区・此花区・淀川区・西淀川区・東淀川区・  鶴見区・生野区・城東区・天王寺区・平野区・東大阪・大東市・奈良)

③ 京都・滋賀交通事故・後遺障害無料相談会 (平成26年2月23日)開催
 (大津市・山科区・草津市・長岡京市・宇治市)

各交通事故・後遺障害相談会(無料)には、「交通事故を専門」とする弁護士が参加しています。
交通事故受傷「直後」から積極的にご参加ください。
① 「弁護士」が、損害賠償交渉等を担当。
② 「交通事故110番」が、後遺障害等級相談を担当。
③ 「放射線科専門医師」が、画像分析(レントゲン・CT・MRI)を担当。

【 「弁護士費用特約」加入の方へ、ご案内 】

「弁護士費用特約」の利便性が広く知られるようになり、交通事故に備えようとする加入者が増えています。
では、ここで「弁護士費用特約」のメリットをご説明します。
① 「弁護士費用特約加入」の被害者に対しては、弁護士に対する委任契約を提案。
私、医療コーディネーター(M/C)が弁護士からの依頼で、「後遺障害等級の獲得」に向けてサポートを開始。
② 弁護士は、加害者に受任通知書を送達、法定代理人として名乗りを上げます。
保険会社に被害者の症状経過、休業損害期間、症状固定時期の見通し等を明らかにし、保険会社と良好な関係を維持します。
③ M/Cは、被害者の治療先へ同行します。(必要であれば、新たな病院を案内。)
主治医と面談し、症状経過や症状固定時期等を打ち合わせ。
症状固定時期になれば、理想的な後遺障害診断書(案)を作成、参考資料として主治医に提示し、必要な検査を依頼します。
④ 後遺障害診断書、画像等を回収した時点で、交通事故専門の弁護士委任による被害者請求を実施。(約30日前後で等級は認定され、通知されます。)
⑤ 弁護士は等級に基づき損害賠償額を積算、保険会社と交渉・紛センにおける協議・訴訟を選択し、地方裁判所基準での「最大の賠償金獲得」を目指します!

依頼者はM/Cの医療サポートにより、上位の後遺障害等級を獲得。
「M/Cに依頼する費用」は、弁護士費用特約でカバーされますので依頼者にご負担はありません。当然、等級獲得後の「弁護士費用」も弁護士費用特約でカバーされ、こちらもご負担はありません。これが弁護士費用特約を利用した、被害者の「新しい勝利の方程式」です!
① 交通事故受傷直後から、早期に連携弁護士に依頼。
② 相手方保険会社との事故被害(人身・物損)交渉は連携弁護士が解決。
③ 弁護士へ依頼することにより、身体的・精神的な不安が解消、被害者は治療に専念。
④ 治療費の不当な打ち切りを阻止。
⑤ 後遺障害等級認定の医療サポート(専門医・各検査機関の紹介・病院同行)。
⑥ 後遺障害等級獲得後の示談交渉。

最後に、既に後遺症(後遺障害等級)を獲得された方は、必ず弁護士にご相談下さい!!
保険会社の支払い基準とは、被害者が「本来受け取れる金額」の提示ではありません。
当然、保険会社は慈善事業でなく、営利目的の企業ですから高い示談金の提示はしません。
保険会社との示談には、支払い基準の一番高額となる地方裁判所基準(弁護士基準)での解決をお薦めします!
弁護士のご紹介も致しますので、ご相談ください(無料)。

上へ戻る

後遺障害について

身体部位別外傷と後遺障害

眼の後遺障害

1.眼球障害(調節機能障害、眼球の運動障害、視野障害)
2.眼瞼の障害
3.その他、瞳孔の異常と涙小官断裂による流涙

 

耳の後遺障害

1.聴力の障害
2.耳殻の欠損障害
3.耳鳴りと耳漏
4.平衡機能障害

 

鼻の後遺障害

1.鼻の欠損
2.嗅覚の脱失

 

口の後遺障害

1.咀嚼の機能障害
2.言語の機能障害
3.歯牙の障害
4.嚥下障害・味覚の脱失・味覚の減退
5.特殊例

 

神経系統の機能又は精神の後遺障害 頭部外傷と後遺障害

1.神経系統の機能または精神の障害 
2.頭部外傷による障害
3.外傷性てんかん
4.頭痛
5.失調、めまい、平衡機能障害
6.疼痛性感覚異常
7.脊髄損傷
8.外傷性頚・腰部症候群
9.低髄液圧症候群=脳脊髄液減少症=CSFH
10.PTSD

 

胸腹部臓器の後遺障害

 

醜状の後遺障害

1.外貌に著しい醜状を残すもの
2.2こ以上の瘢痕や洗浄根の場合
3.上肢・下肢の醜状
4.日常露出しない部位の醜状障害

 

上肢の後遺障害

1.上肢の欠損障害 
2.上肢の機能障害

 

下肢の後遺障害

1.下肢の欠損障害
2.下肢の機能障害

 

下肢外傷 傷病名と後遺障害

 

脊柱及びその他の体幹骨の後遺障害

 

頚腰部捻挫周辺の傷病名と後遺障害

inserted by FC2 system